水は天然水の通販かウォーターサーバーをおすすめしたい理由

水にかける毎月の出費はいくらですか?こう問われた時にぱっと答えられますか?家計簿をつけている一家の会計係でも食費・生活費の内訳にお水っていれてないですよね。水道代はいれてるかもしれませんが、水道代と飲み水は切り分けるべきかと。 人の体は水分が90%といわれていますが飲み水に対しては意外と適当に扱われていますよね。一度意識して水を考えてもらいたい。そういう想いから思い腰をあげて今筆をとっています。

通販やウォーターサーバーだけで計算している方は明確だからわりとすぐに算出できるかもしれませんね。ただ言いたい事はそういうことではなく。あ、ウォーターサーバーの探し方について水宅配の匠がわかりやすいので参考にしても良いと思います。

では書いていきます水は天然水に限りますわよってことを。

水は天然水の通販に限るという持論を聞いてください

私的に今感じているのは水は天然水の通販に限るということ。日本は水に恵まれた国ですから一歩外を出てもよほどの辺鄙でなければ飲み水の確保が出来ます。いや、田舎や山奥でも、一部の亜熱帯系地域の沖縄とかでなければ、井戸水、山水、天然の水がわき出る地域はたくさんあるので本当にどこでも手に入ると思います。

近代化の日本の都会は水道水が発達していてそれ自体は安全性の確保はしっかりできています。だから、飲んでも害はないという意見もあります。

まさに恵まれている・・・。でもね、だから水にお金とかしっかりと決まった水を飲む習慣が無い気がするんですよね。私もコンビニにいったりスーパーにいったり適当にその時の気分や安さだけで思い水を買い、お家に持ち帰る生活を続けていた時期がありました。でも途中で気が付いたんですよウォーターサーバーのほうがよくね?wと。

ウォーターサーバー会社の売りとしては「便利である」「安全な水である」「天然水である」「らくらく宅配します」「ゴミ捨てからの解放」という点。

私がこの中でも一番良いと考えるのは天然水とらくらく宅配。「安全な水(天然水じゃない奴)」も便利で水道よりも安全なのはわかるが、それにお金をだすべきなのか?というのが疑問。天然水の良いところは、水を飲むだけなのにパナジウムとかの普段では取り入れることのできないミネラルを摂取できるという点。これにつきる。効果があるかどうかは個人差があるでしょうが、実はこの水から得るミネラルってすごく大事なんではないかと思うようになった。

近代化して人間は頭が良くなった訳だけど、言葉がない時代人間はどうやっていきていたのだろうと調べることがあって、本能が欲するのもを食べたり飲んでいたりしたのは待ちが無いという結論に至った。水も日本の場合は天然水が豊富だから栄養を取れていたに違いない。世界的に見ても水がある川の近くなどで文明が発達しているのは有名な話ですからね。

ウォーターサーバーで販売されている浄水されたお水には確かに不純物やゴミなどは取り除かれているがミネラルが一切入っていない。これって実はあまりよくないことなのでは。水道水にもミネラルは含まれているが、マグネシウムとかの割合が多いので自然的ではない気がするのだ。

昔の本能に生きた人間が飲んでいた水を飲んで生活をしたい。私はそう考えた。そう考えた時に選択肢としてはやはり天然水ではないかと思ったのである。

文明が発達した今と1000年前の天然水はおそらく水質はほぼ同じだと思う。名水と呼ばれるお水は富士山や九州の山脈が多いが共通しているのは長年かけて自然のろ過システム(ミネラルを含んだ岩や山の中)をくぐりぬけ、しかも長年の時間をかけているからね。

これはある意味神秘ではないだろうか。今飲んでいる水は100年も前に降った雨が濾過されたお水なのかもしれなのだ。これほど人間が口にするモノの中で神秘的な恵みは存在しないと思うし今より文明が発達していない1000年前の人間はやはりそういう恵みの水などで生きていたのだと思う。だからそういう水を飲みたいと思った。

コスモウォーターについて

コスモウォーターというウォーターサーバーをご存知ですか。色んな天然水を自宅に定期的に配送してくれてペットボトルの手間から解放してくれて安い。そしてウォーターサーバーの種類もたくさんあってお家に導入するときに迷ってしまうくらいに楽しいサーバーが用意されているのですが、ここ良いと思います。

富士山の天然水をはじめ他二つの名水を宅配してくれるので好みによって選ぶことが出来る。私は関東の人間なので近場の富士山が良いと思いますが、九州の方はそっちよりのお水も良いかもしれません。

ウォーターサーバーは総合的なコスト面で安いから人気

実は絶賛してきたウォーターサーバーですが、ペットボトルのお水も通販で買うとかなり安く手に入ります。500ml単位で比較しても実はペットボトルの水のほうが安い(あくまでも最安値で比較した場合は)時のほうが多いです。

但し、コスト面は実費だけなのか、間接的にかかる労力なのかも計算にいれないといけません。よく金持ちは人に任せるのが上手いといいます。共通するのが「時間」を一番に考えていて他の人よりも時間を買う事は出来なくても、時間を有意義な事に使うため無駄な作業を誰かにまかせたり、効率の良い機械をつかったりする。

コストとはそういう面も考えなければいけません。これは人によって価値感が変わるところでもあり(例えばAさんにとっては無駄と感じる作業もBさんにとっては生きがいになるかもしれませんので)ますので私の価値感で話していきますと、アマゾンや楽天で2リットルのペットボトル20本入りの最安値を水が切れそうな時に検索して探し、注文する。いつも宅配業者はバラバラなので、受け取りも都度指定しなければいけない、飲み終わったペットボトルを潰したり、ゴミの仕分け作業にイライラする。というコストが発生します。

私にとってのコストと他の方のコストは違うかもしれませんのでここは参考まで。

コンテンツ